"> 中古車の売る場合の流れ

売り方の各種パターンにはそれぞれ長所、短所がある

中古車を売却する方法は下取り、買取り、個人売買など様々ありますので、手放すと決めたらまずはこの売却先を決める必要があります。

インターネットなどで調べてみると様々な売却方法があることが分ります。

売却方法を決める前にどのような売却先があるのかを一通り確認しておきましょう。

まず最初のパターンでは知人であったり、友人といった人に売却するパターンです。

次のパターンとしてはディーラーを利用するパターンです。

このパターンは通常「下取り」と呼ばれるもので、所有権移転など各種の手続きをすべてワンストップで行うことができるため、オーナーにとっては一番楽な方法だといえるでしょう。

ただし下取りの査定額は買取の査定額に比べて低くなりがちだというのが一般的な傾向です。

次のパターンとしては中古買取業者を利用して売却するパターンです。

中古買取業者と言うのは中古車を査定して買い取る専門店で、下取り額より高価に買取できるといった点をセールスポイントにして急激に増加してきた業態です。

このような主に3つのパターンが現在では主流となっているようです。

この3パターンが主ではありますが、最近ではオークションを利用して売却する方法も増加傾向にあります。

多種多様なパターンで売却が可能ですが、それぞれのパターンには長所もありますし、短所もあります。

この長所・短所をきちんと理解した上で自分に適したパターンを見つけましょう。

中古買取業者またはディーラーを選択した場合には、まずは査定をしてもらうことから始めるといいでしょう。

ひとつひとつの業者に足を運んで車査定の見積もりをしてもらう方法もありますが、インターネットを利用しているのであればオンラインから査定を申し込んでみましょう。

最近では一括無料査定というものがあり、こちらは一括査定ということになりますから、複数の業者から車査定をしてもらえて非常に便利でもあります。

一括査定を利用すると一度の入力で最大10社など、数多くの車買取業者に一括して査定依頼を行うことができます。

かつては1軒ずつ自分で車を持ち込んで査定してもらうという「買取店巡り」を行ったものですが、今では一括査定によりこのようなことはしなくてすむようになりました。

是非この機会に利用してみてはいかがでしょうか。


このページの先頭へ