"> 車を売るときの名義変更

名義変更に必要な書類の確認は早めに

車を売却するときに必ず必要となる手続きに、名義変更があります。

まず車査定してもらい自分が納得するような査定額を提示してもらったら成約が確定します。

そして成約が確定した次にする手続きといえば名義変更の手続が必要になってきます。

それでは一般的に業者でもどのような書類が必要になってくるのかを教えていただけるとは思いますが、やはりここは自分でしっかりと成約が確定したのであれば、どのような必要書類が必要になるのかを自分でも確認しておいた方がいいでしょう。

このようすぐに必要書類について知識を入れておくことで名義変更の手続もスムーズにいくはずです。

仮に車の売却を自分の知人であったり、友人といった人に対して車を売却するのであれば車を所有している側が名義変更の手続をすることになります。

一般的な名義変更の手続について、もしも不明な言葉があったり、自分が分からない事についてはインターネットなどを利用して調査してみてください。

検索してみると用語についての解説が簡単に見つかると思います。

やはり事前の確認が大切です。

必要書類等を具体的に挙げると次のようになります。

まずは売却される側が車庫証明書をとらなくてはいけなくなりますので注意するようにしましょう。

またナンバープレートの交換も必要になる場合もあります。

また必要書類についてもしっかりと揃えておきましょう。

車検証であったり、自動車税納税証明書であったり、自賠責保険証が必要になります。

これらの必要書類等が事前にそろっていれば、契約時の手続きを円滑に進めることができます。

当日無い事がわかってもすぐには再交付してもらえない書類も中にはありますので、余裕を持って事前確認をすることをおすすめします。


このページの先頭へ