"> 車の売却先の決定方法

車の売却先は総合的に考えて決める

車の売却先の決定方法について解説して見ましょう。

まず現在自分が保有している車の売却先を決定していかなければいけません。

売却先には色々な種類の業者が存在しますのでその様々な業者によって長所短所がありますので、業者によってどのような長所短所があるのかをしっかりと把握していき、自分の保有している車をどこの業者に売却をするのかを確定していきましょう。

それではまず買取業者について説明をしていきます。

最近では買取専門の業者(車買取店)に売却をする人も増加傾向にあり一般的になってきました。

車買取店は基本的には車の販売はしていません。

車の買取をビジネスとして専門に行っている業者です。

また買い取った車は基本的に業者オークションに出してしまうために基本的には在庫を抱えるリスクもないのが特徴です。

在庫リスクが無いということは売る側にしてみれば他の業者と比較しても高めに買取をしてくれますので、売る側としては非常にメリットのある業者とも言えるでしょう。

最近では、買取車を自社の店頭で直売するというタイプの車買取店も見かけるようになりました。

店頭で売れそうなものは業者オークションに出さずに直売で捌くというスタイルの買取店です。

直売で中間マージンを省略できるので、通常の買取店より高く買取ができるというわけですね。

次はディーラーです。

こちらはもし今自分が保有している車を売って、その次に新車の購入を考えているのであればディーラーで今自分が保有している車の下取りをしてもらえます。

また同じディーラーで新車も購入しますので新車購入までの手続が非常にスムーズにいくことが特徴とも言えるでしょう。

デメリットは、査定額がどうしても車買取店に比べると低くなってしまうことです。

少しでも高く売りたいというのであれば、ディーラー下取りはいい選択肢とは言えません。

以上の他、ネットのオークションで売却する方法、自分の知人・友人に個人売買で売却する方法などがあります。


このページの先頭へ