"> 車検の前の車売却

査定前に車検を通してもお得にはならない

自分が現在保有をしている車の車検の状況が査定額にどう影響するのかをみてみましょう。

もし今自分が保有している車の売却を考えていて、まだ車検を通していない場合にはいったい車査定でどの程度の影響があるのかを事前に知っておきたいものです。

自分の車を売却するにあたって、車検前もしくは車検後どちらがいいのか迷ってしまうかもしれませんので確認をしておきましょう。

世間一般で普通に行われているのは車検が切れる前に、つまり車検期間を残したまま売却をしてしまうという形です。

どうしてこのような形が多いのでしょうか。

その一番の理由としては、車検後に売却をすることで金銭的に損をしてしまう可能性があることがあげられます。

一般的には車検を通すためには10万円前後費用として発生するのが一般的です。

さらに自分が保有している車が高級車であった場合には、車検を通すのに部品を交換しなければいけないという状況に仮になってしまった場合には10万円以上は軽く超えてしまう可能性もおおいにあります。

このような費用が発生してしまうのであれば、車検を通すよりも車検前に売却をしてしまったほうがはるかに賢い選択でもあります。

「○○万円もかかるのなら古くなったし新車に乗り換えようか」ということになるわけですね。

一方、車検が切れてしまった車の場合ですが、

車検切れをしてしまった車は査定・売却のときにどのような手続きをすればいいのか心配になるかもしれません。

でもそこは買取の専門業者、車検切れでも普通に査定、買取りしてくれますので、手続などは全て業者に任せればいいでしょう。

買取り業者は自社工場などで安い費用で車検を通すことができるので、車検切れの車であっても思ったほど減額査定にはならないのが普通です。


このページの先頭へ