"> 車の査定の基本

中古車というのは同じ価値の車は1台たりとて無い

車の査定の基本についてはどのような考え方をすればいいのかについてまとめてみました。

このような知識を習得することで査定を高額にするための方法も分かってきますし、気をつけておきたいポイントも知ることが出来ると思います。

まず中古車というのは、同じ価値の車は1台たりとて無いということです。

たとえ年式、走行距離など車歴が全く同じだとしても、その車を使用してきたオーナーの違いによって、中古車は1台1台が全く違ったものになるということです。

つまり中古車というのは新車と異なり、1台1台が固有の価値を持っていて評価額もそれぞれ違ったものになるということです。

だからこそ、査定士という資格を有するプロが1台1台査定しなければ中古車の価格は特定できないということになります。

車の査定を公正で客観的なものにするため、国の指導で設置された日本自動車協会では一定の査定基準を定めています。

このように査定の基準を設けることで全国どこにおいても評価の差異が発生しないようにしているわけです。

この査定基準の仕組みについて少し触れてみましょう。

まずはノーマルな状態を基準として、査定の対象となる車をその基準とを比較することから評価をスタートさせることになっています。

この基準となる車から見た外装、内装などの状態によってチェックポイントごとにプラス、あるいはマイナスの評価を行い、最後にトータルして全体の評価額である査定額をはじき出すという仕組みになっています。

このように中古車の査定というのは、基準となる状態の車から出発して個々の部分の評価額を積み上げることによって積算されるのです。

車の所有者が自分の車を売却する場合は、この査定額を基にして売却金額が定められます。

このように重要な事柄だけに査定する担当者によって評価が変わってきますと、やはりその業者自体が疑われてしまいます。

そのため、どの業者も日本自動車査定協会で定める査定基準をもとにした査定基準を使用しているはずです。

全国的な査定の基準があるからこそ、全国のどの地域でもことで正当な評価ができるのです。

また、この基準によって担当者つまり査定士の違いよって査定額に差が出るということも避けることができます。

車を売却する側としても、安心できる評価システムといえるでしょう。

このようなしっかりした基準があることから、車を売却する際にできるだけ高く評価してらうためにはこの査定の基準におけるチェックポイントなどを調べてみるのも一つの方法かもしれません。


このページの先頭へ