"> 事故を起こした車の売却

フレーム部分まで損傷しているなら減額査定となる

事故を起こしたことのある車を売却する場合には、査定にはいったいどのような影響があるのでしょうか。

もし事故を起こしてしまったけれども後にきちんと修理をしている状態であるならば、さほど査定額には影響しないと言ってもいいでしょう。

しかし自分が保有している車が事故を起こしてしまい、車の骨組みに該当するような箇所にダメージを持っているのであれば査定額にも影響がでると思ってもいいでしょう。

また業者の担当者は査定をする上でプロの人でもありますので、事故歴について嘘をついて査定をだしたとしても相手には分かってしまいますので注意してください。

黙って査定にだすのであればきちんと事故の申告をするのが印象いいので、しっかりと事故歴については隠さずに正直に話すといいでしょう。

また買取専門の業者に事故歴のある車を査定して、思ったよりもいい査定額をだしてもらえなかったとしたら他の業者をあたってみましょう。

事故をしてしまった車の買取業者も存在しますので、そのような業者に一度査定してもらっても良いのかもしれません。

仮に一般の買取業者では1円もだしてくれないような状況だとしても、もしかしたら事故の車でも扱っているような買取業者に査定のお願いをすることで、自分が思っている以上にいい査定額を提示してもらえる可能性もあります。

ですので、事故歴の車だからといって諦めずにこのような事故車専門の買取業者をあたってみるといいでしょう。


このページの先頭へ