"> ボディーのキズや凹み

年数相応のキズなら大した減額とはならない

査定を受けて売却する車のボディーにキズがあったり色あせがあった場合の評価についてみてみましょう。

やはり車のオーナーになった人であれば気持ちは分かると思いますがキズについてはすごく気になったりします。

中古で車を購入してからすぐにキズが気になってしまいキズの修理にだす人もいるぐらいです。

それでは査定においてキズはいったいどのような影響があるのかを確認してみましょう。

査定では塗装がされている箇所の外装の部分に関しては大きく占めているといってもいいでしょう。

明らかにわかるようなキズがあれば査定額に大きく差が生じてしまいます。

具体的には爪の先が引っ掛かるような傷以上であれば原点の対象になるといわれています。

またキズについては同じ業者であっても査定をする担当者が違うことによっても差が生じてしまうこともあります。

なぜこのようなことが発生してしまうのでしょうか。

それは大きなキズであれば誰でも分かりやすいキズの為に査定額においてたいして差は生じてこないのですが、小さなキズの場合には担当者によっては見つけられないこともありますので、このようなことで担当者によっても差が生じてしまいます。

また車をどこかにぶつけてしまったことによるへこみも査定の重要な箇所といってもいいでしょう。

へこみはある視覚からは見えませんが、太陽の光を利用してななめに見たりするとへこみがすごく分かったりもします。

このようにへこみに関しては査定に出す前から自分で所有している車においては一度へこみがあったりしないかを確認してみてください。


このページの先頭へ