"> 内装の状態の査定

タバコの臭いだけは気をつけよう

車の査定において、内装の状態はどのようにチェックされ評価されるのかを見てみましょう。

所有している車の売却を考えているのであれば、内装についての査定の知識を実際に査定に出す前に確認をしておきましょう。

確認することである程度改善することによって、少しでも査定額がアップする可能性がありますので、もし自分の所有している車を少しでも高く買いたいのであれば、このような内装についての知識も是非理解するようにしてください。

まず標準状態は無傷の時が標準の状態ともいえます。

この標準の状態と比較して査定をされていくのです。

例を上げるとシートの一部は破損をしてしまっている場合や、へたってしまっている場合には査定をする上でマイナスの評価をもらってしまう可能性が非常に高いでしょう。

また車内でタバコを吸っている人も要注意です。

車内のタバコのにおいは結構大きい減点ポイントになるといわれます。

タバコのニオイを完璧にとるのは容易なことではありませんが、シートや天井を徹底してふき取るなど、ニオイの元を少しでも取り去るようにしたいものです。

ポイントは芳香剤でニオイをごまかすのでなく、消臭剤でニオイを消すようにすることです。

また車内にタバコの焦げた跡があったりすることでマイナス要因となってしまいますので注意するようにしてください。

もちろん、マットの汚れもマイナス要因となったりもします。

その他にもタバコを車内で吸ってしまったことでヤニの臭いが染みついてしまっているのもマイナスの要因となってしまいますので注意する必要があります。

またその他にも灰皿にも注意する必要があります。

また自分の趣味で車内の内装でアクセサリ等をつけたりしている車の査定の出す前にはしっかりとアクセサリを外すようにしましょう。

内装についてはこのようなひとつひとつの細部がチェックされるのだと考えましょう。

るまでの金額を持ち合わせしていないというような事も発生しかねます。


このページの先頭へ